【婚纱】中国の結婚写真~予約編~

f:id:ribenxiaolu:20210227234649j:image

中国で結婚したからには撮りたい婚纱(結婚写真)。

私たちもようやく予約をしました!

 

私は普段大众点评を使っているのでこちらで探しましたが、美团や口碑、婚礼纪などで探してもいいと思います。

 

f:id:ribenxiaolu:20210227161730j:plain
f:id:ribenxiaolu:20210227161731j:plain

大众点评の場合は、トップページで「结婚/婚纱」を選択。

続いて「婚纱撮影」を選びます。

自分が住んでいるところではなく、他の地域で撮りたい場合は、隣の「全球旅拍」から探せます。

旅行拍を取り扱っているお店は、大体が2泊3日プランです。

1日目に打ち合わせ、2日目に撮影、3日目に写真選びという流れになります。

 

三亚、厦门、大理と有名所が続きますが……私のおすすめはもちろん青島!

実は青島は中国の中でも人気の撮影地なのです。

ドイツ風の街並みや、ヨットでの撮影、以前泊まったお城のようなホテル石墉などが人気ですよ。

 

気に入ったお店が見つかったら、ネットや電話で問い合わせてみましょう。

もちろん、行けるなら実際にお店に行って話を聞くのが一番いいです。

私たちはお店に行って話を聞いてみました。 

 

お店のパソコンでサンプル写真を見つつ、大众点评を見ただけでは分からなかったことを質問していきます。

どのプランでどの撮影ができるのか、撮影場所、スタジオの規模等々……。

大众点评では制限があるように書かれているものが実は無制限だったりするので、自分の疑問や希望はしっかり伝えましょう。

 

私たちが選んだお店も旅行拍のお店なので、本来はホテル付だったのですが、我が家は青島在住のためホテル不要。

出来上がった写真の郵送も必要ないためか、大众点评割引後4588元(約69,000円)→店舗割引後4000元(約60,000円)というなかなかの割引価格になりました。

夫の友人には5000元とか10000元とかかけた人もいるようですが、我が家はお安めのプランで。

 

前金として1000元(約1,500円)を支払って契約完了!

 

f:id:ribenxiaolu:20210227161729j:plain

最終的な私たちのプランはこちら。

(特典)と書いてあるものは大众点评の予約特典です。

 

料金……4000元

撮影数……240枚

加工……70枚

衣装・化粧……制限なし

撮影場所……制限なし(ヨット、夜間撮影含む)

 

アルバム……3冊

電子アルバム(結婚式用)……1冊

電子招待状……1通

徴花絮……1

ポスター(+ポスター立て)……1枚

額縁写真……3枚

フォトパネル……5枚(プラン分3枚、特典分2枚)

秀禾服……1着(特典、レンタルまたはプレゼント)

壁掛フォトフレーム……8枚(特典)

ペアリング……1対(特典)

 

衣装や撮影場所については、時間の許す限り無制限です。

室内であまり化粧等変えないなら沢山のパターンで撮れるし、あちこち行くなら少なくなるし……という感じ。

大体の目安として、4~7パターンくらいだそうです。


f:id:ribenxiaolu:20210305133505j:image

電子アルバム(結婚式用)はこんな感じ。

ステージ横のスクリーンで放映します。

 

ポスターは100寸。

70寸の額縁写真が60×120cmみたいなので、かなり巨大なポスターです。

正直いらない……というのが個人的な気持ちなんですが、結婚式の時に式場の入口に飾るのに必要なんですね。

 

f:id:ribenxiaolu:20210310115057j:plain
f:id:ribenxiaolu:20210310140434j:plain

額縁写真とフォトパネル。

フォトパネルはパネルに写真が印刷してあります。

祖父母や両親にもあげたいので、数が多いのはありがたいです。

 

f:id:ribenxiaolu:20210310141730p:plain

秀禾服も結婚式の時に必要になるものです。

こちらは中国の結婚衣装。

こういう赤いやつ……ドラマでみたことありませんか?

レンタルの場合は300元くらい、プレゼントの場合は200元くらいのものを選ばせてくれるそうです。

 

f:id:ribenxiaolu:20210310140613j:plain

ペアリングは引換券をもらって近くのお店で引き換える形でした。

ネックレスか指輪から選べますが、指輪の場合はきちんと自分のサイズで作ってもらえます。

 

プラン内容を見るても分かる通り、婚纱は結婚式のために必用な準備の一部という感じが強いですね。

単なる記念写真ではないというのが日本と違って面白いと思いました。

 

打ち合わせ編に続きます。