沃柑=オアオレンジを布教したい!~手で皮が剥けるオレンジ~

f:id:ribenxiaolu:20210114135147j:image

 

私が愛してやまない果物、沃柑=オアオレンジについて紹介したいと思います!

 

沃柑=オアオレンジのおすすめポイント

・濃厚&ジューシーなお味

・手で皮が剥ける

・薄皮も食べられる

 

 

沃柑=オアオレンジって何?

沃柑というのは、主に広西省で生産されているイスラエル原産の柑橘類です。

中国の沃柑は2004年に韓国から入ってきたものだそう。

ちなみに、英語名はOrah mandarinです。

この変異種に欧丽柑(Orri)というイスラエルの特許品種があり、種が少ないのでヨーロッパで人気だとか。

ただし、中国市場ではこの2つの区別をしていないのか、淘宝で「欧丽柑」と検索しても検索結果には「沃柑」が表示されます。

(参考:深度|沃柑(Orah mandarin)的前世今生_网易订阅)

 

日本では2011年頃から、オアオレンジという名前で販売されているようです。

英語名に近いオラオレンジ、マンダリン・オアなどの呼び名も。

名前からするとオアオレンジの正体は沃柑なんですが、種の特徴的には欧丽柑っぽい……?という微妙な状態。

等記事では名前と輸入時期開始時期を参考に、沃柑=オアオレンジとしています。

 

そんな沃柑=オアオレンジですが、これがもう濃厚&ジューシーで美味しいんです!

私は柑橘類はこればっかり食べてます。

 

濃厚&ジューシーなお味

味は一言で言うなら、甘くて濃いオレンジです。

甘味と酸味のはっきりした、いわゆる「当たり」のオレンジの味がします。

 

生搾りオレンジジュースに噛りついているんじゃないかというくらいの瑞々しさ。

何を言ってるんだって感じですが、それくらいジューシーなんです。

 

プチプチと果肉が弾け、口の中が濃厚な果汁でいっぱいになる幸せ……どうですか?味わってみませんか?

あと1個、もう1個だけ、と食べる手が止まらなくなること間違いなし。

秒でなくなるので、少し多めに買っておくのがおすすめです。

 

後味がパイナップルとか、ましてや桃やメロンなんていうのは盛りすぎだと思いますが……。

トロピカルで爽やかな後味なのは間違いありません。

 

包丁要らずの手軽さ

「そんなにオレンジが好きならオレンジ食べれば?」って思いました?

私も思います。

 

でもですね、オレンジって面倒くさいじゃないですか。

皮剥いたり、カットしたり。噛りつくと歯の間に薄皮が挟まったり。

ジュースにしたらしたで洗い物増えるし。

 

沃柑=オアオレンジなら、そんな手間とはさようなら!

タイトル画像のように皮が薄いので、ミカンと同じように手で剥いて食べられます。

もちろん薄皮も薄いのでそのままどうぞ。


f:id:ribenxiaolu:20210114164642j:image

皮を剥かれた姿なんて、もうミカンそのもの。

 

オアオレンジの紹介には種が少ないと書いてありますが、中国の沃柑は普通に種があります。

でもそんなこと気にならないくらい美味しいです。

 

どこで買えるの?

中国在住の方は、「免费兑换」系にもよく出品されているので、普段ご利用のサービスをチェックしてみてください。

スーパーの果物売り場にも普通に売っています。旬は1~3月くらい。

 

手っ取り早く下記の画像をスキャンしていただいてもOKです。

タイトル画像の沃柑はこちらのお店のものです。

f:id:ribenxiaolu:20210113232923j:image

 

日本にお住まいの方はこちらからどうぞ。

時期によってはAmazonでは見つからないかもしれません。

3~4月くらいには、コストコでも取り扱いがあるそうです。